うるしで一服 2020.06


伯父の茶碗、祖母の水指、祖父の花入


祖父の茶碗、紀久子作の水指


桜餅と同じようですが、薄紫で、紫陽花餅


手持ちの葛粉で作ってみた、ナッツと黒糖の葛焼と葛茶巾

中棗(欅):木地呂色仕上
茶杓(竹):木地溜塗、溜塗
菓子皿:黒漆塗
香合 額紫陽花:研出蒔絵、平蒔絵(青金)
盆(欅):木地溜塗
角皿:布目溜塗
菓子切(煤竹):漆絵

うるしで一服 2020.05-2


伯父の茶碗、紀久子作の水指。
甘茶が咲き始めました。


伯父の茶碗、祖母の水指、花入は岡本規子さん作。
市内の和菓子屋さんは、5月に入ってから、暑い時期ずっと練り切りはお休みだそうで、残念…。
蛍袋と下野が咲き始めました。


急に暑くなったので、母方の祖母の浴衣で。色は地味ですが柄は可愛い。
黒とグレーの色漆塗茶杓を合わせて

めだか棗(欅):銀蒔絵
茶杓:木地溜塗、溜塗
菓子皿:黒漆塗

うるしで一服 2020.05-1


祖父の茶碗で。水指と花入は母の作ったもの


おうち着物やお稽古着は、自分で洗える木綿やウール。
型染木綿の単衣は母の。昔、反物を取り寄せて祖母が縫ったもの


伯父の茶碗で。
いろいろな花がいっせいに開ききってしまったので、姫令法と何か分からない庭の花を


伯父の萩茶碗。丸い形、お茶は立てやすいようです。水指と菓子皿は紀久子作。
雪の下が咲き始めました

めだか棗(欅):銀蒔絵
茶杓:木地溜塗、溜塗
菓子皿:黒漆塗